ワーキングホリデー

記事一覧

癒しの旅へ・・・。

ファイル 1-1.jpg

12月、私はアメリカにあるセドナと言う世界でも有名なヒーリングスポットに行きました。セドナはラスベガスから車で約5時間の所にあります。日本でも癒しの観光地として人気の高いセドナ。セドナに向かう道中で、ガイドの方にセドナの話やネイティブ・アメリカン(原住民)の話を聴きました。

セドナはネイティブアメリカン(主にヤバパイ族)の聖地でもあります。彼らの色々な神話や伝説、文化、自然への想い、宗教観などを聴き自然と共に生きるという事の偉大さを知り感銘をうけました。

帰国してからも私は、ネイティブアメリカンの事が気になり、彼らの文化について色々と調べてみました。
すると、北米だけでも、言語や文化の違う500以上の種族があるにもかかわらず、彼らの世界観には共通するものがあるという事が分かったのです。
彼らの色々な神話や伝説、自然への想い聴き、改めて思う事は
「北米だけでも500の種族。これが世界単位になったらどれだけの世界観があり、言語があり文化があるのだろう・・・。」

ということ。世界には、色々な民族がいて色々な生活様式があり、色々な宗教があります。

調べていて分かったことは、ネイティブ・アメリカンに関しては「宗教」というものは存在していないようです。

しかし 「グレイトスピリット(偉大なる精霊)」 の元で生きるというライフスタイルや世界観を持っております。

宗教とは信仰の対象が「人や物」である場合が多いのですが、ネイティブ・アメリカンの場合は、信仰の対象が「自然」なのです。
彼らは、この世界を創造している創造主、つまり、宇宙に敬意を表しているのです。

日本にも、このような文化は存在しておりました。

山岳信仰と呼ばれる、自然崇拝からの流れをくんだ独特の宗教観があります。

やはりアメリカと日本では根本的な解釈は似ているものの、日本では神道の流れをくんだ思想が主流となっております。

その証拠に山岳信仰とは言いつつも、山の神様を祀る言うイメージが多いように思います。

しかし、自然を崇拝する事で、その土地に住まうもの達の幸せと、世界を創り出す存在(創造主)に対する感謝をささげるという、世界観は非常に似ております。

私はセドナに着いたときに「ふっ」と、ある過去の出来事を思い出しました。その過去の出来事とは以前、東京近郊にある山岳信仰が盛んになっている山に滝行に行ったときの話です。

私たちは、滝に入る前に、山の神様に、祈りをささげ、歌と踊りを捧げました。踊りと言うほど激しい物ではありません。しかし、古来から言い伝えられている動きだと私は理解しています。

山の神(ネイティブで言うところのグレイトスピリット)に祈りを捧げてから、滝に入る。その行為は、国や言葉が違っても、人の心の奥にDNAとして染みこんでいる本能なのだろうな。と改めて思いました。

様々な文化に触れることで、心の奥に新しい何かが芽生えてくる瞬間をセドナで体感しました。

人は自然と共に生き、自然と共に成長していく。そして、人は生かされている存在であり、守られている存在でもあるのだ。

という事を改めて感じました。

国や言葉や文化が違っても、根本にある「想い」はどの種族や民族も同じで子孫繁栄を願い、その思いや文化を守っていくこと。その想いが種族や民族の誇りであり、勇気であり、力強さであるという事に気付くことができたセドナの旅でした。

セドナには数時間しか滞在できませんでしたが、数時間の間に様々な事をしました。
「トレイル」と呼ばれる、人が踏み慣らした道を歩き、川やボルテックスポイントを散策。セドナにはボルテックス(ラテン語で渦巻)と呼ばれる、エネルギースポットがあります。

・エアポートメサ・ベルロック・キャセドラルロック・ボイントンキャニオン

この4つが主に有名なボルテックスポイントなります。このボルテックスは、現代のヒーラー(不思議な力で人を癒す人)達が、強いエネルギーを持つスポットを決めたそうです。
しかし、エネルギーは目に見えるものではないし、人によって様々な感じ方があるので、一概には言えません。
ご自分のエネルギーにあうスポットを見つけていく事がセドナの楽しみ方の1つであります。

それぞれのボルテックス見に行き、最後にセドナの街を散策しました。町を散策した後は、ラスベガスに戻り一日を無事、終えました。
今回の旅は、私の心に、今まで感じた事の無い新しい気付きを与えてくれました。他国の文化や生活スタイルを見ることは、新しい自分に出会えるチャンスであり、心の奥に芽生える新しい、「興味」の種を撒くチャンスでもあります。

日常を離れ、心を癒す。 そんな緩やかな時間を、あなたも過ごしてみてください。

Copyright(c) 2012 Working Holiday Center Association. All Rights Reserved.