ワーキングホリデー

記事一覧

見栄を張らずに生きる。

誰でも一度は人間関係で悩んだことがあると思います。相手とどういう関係であっても、避けて通れないのがコミュニケーション。お互いの気持ちが、本当にきちんと通じているのか気になってしまう時はありませんか?気持ちを伝えようとしすぎて、強く言いすぎたり、相手の事を考えずに発言をしてしまったり。本当は、自分の素直な気持ちを言いたいのに「もし、本当の想いを言ったら嫌われてしまうかも」と思ってしまったり。様々な状況があると思います。誰かの発言の裏側を見ようと、疑心暗鬼になってしまい、身動きが取れなくなってしまったりしたら、余計に苦しくなってしまいます。
そんな時に陥ったら、まず自分の気持ちを確認してみる事から始めましょう。人間関係は無理に作り出すものではありません。まずは、自分の気持ちはどうしたいか?ということを意識してください。本当にその人と仲良くすべきなのか、そうでないのか。少しずつどうしていきたいのか考えてみましょう。思い出してみてください。小さい時って、意外と誰とでも仲良くできませんでしたか?当然、仲良くできない時もありますが、小さい時は利害関係なしに、遊んだりする事ができたはずです。そうです。小さい時は「誰かと仲良くしなきゃ!」とか「誰かに嫌われたらどうしよう・・・」と言う思惑は無かったから、誰とでも仲良くできたのです。しかし、子供の世界にも「人間関係」は存在します。小さい時は小さい時なりに色々と悩むことはあります。しかし、小さい時は自分の気持ちに正直に生きていたから、毎日が輝かしい日々の連続だったのです。もしかしたら、辛い日々を過ごしていた方もいるかもしれません。しかし、過去に囚われてしまう人生を歩むつもりがないから、もうその想いを手放してみてください。そして、人の言葉をストレートに受けてあれこれ考えるよりも、その人の態度やしぐさを見て、その人が伝えたい事は何なのか?ということを感じ取ってみてはいかがでしょうか。相手の目を見てゆっくりと話すのです。結論は急ぎすぎてもいけません。しかし、あまり長くまで引き延ばしても答えは同じです。まずは自分の心にゆっくりと問いかけ、本当の気持を感じていく事が大事です。自分の心に正直になってください。そう、見栄を張らずに本当の気持を知るのです。
もしかしたら、本当の気持を言う事は恥ずかしいかもしれません。辛くて苦しいかもしれません。しかし、無理をしている方が苦しいのではないですか?いつも自分の気持ちを抑圧し、本当の気持にふたをしてしまう事が、良い人間関係なのでしょうか。もし、自分が我慢をすれば、周りが上手く行くと思っていたら、それは違うと思います。我慢をすれば、必ず反動は出ます。その反動がどういう状態で出てくるかが一番怖いのです。もしあなたが今、何か我慢をしているのであれば、どうか見栄を張らずに本当の気持と向き合ってください。
相手の期待に応えようとしなくてもいいのです。自分の気持ちに素直になりましょう。人間関係は無理に作り出すものではありません。あなたが本当の自分の気持に正直になれた時、新しい道が拓けてきます。そして、自分を変えたいと思った時、見た事の無い光に出会えます。その新しい感覚に出会えた時がチャンスです。五感をフルに活用し自分の気持に向き合ってみてください。自分の感情にがんじがらめになっているのであれば、深呼吸をしてリラックスをしてください。ネガティブな想いに目を向けてしまえば、そのネガティブはもっと大きくなっていきます。しかし、本当の気持に目を向けて続けていればきっとそこから、何かが変わっていきます。自分を信じて、見栄を張らないで生きていく人生がどんなに素晴らしいのか、想像してみてくださいね。きっとそこから何かが分かっていくから・・・。

Copyright(c) 2012 Working Holiday Center Association. All Rights Reserved.