一般社団法人ワーキング・ホリデーセンター

ワーキングホリデーを成功させるには事前の準備が大切!
海外では予想もしないことが起こります。渡航前の保険加入は必須です!

このサイトはワーキング・ホリデーについての情報サイトです

 

トップ > 香港ビザ情報

香港ビザ情報

中国大使館 東京都港区元麻布3-4-33

ビザについて

2010年1月1日、日本と香港間に双方の青少年の往来を促すワーキング・ホリデー制度が実施されることとなりました。
この制度は、青少年の互いの文化・学術及び社会に対する理解を通し日港の関係が一層緊密になることを目指します。
また、青少年が長期休暇を過ごす付随的側面として、旅行資金を補うために必要な範囲での就労が認められています。

【 「ワーキング・ホリデー」査証とは 】

ワーキング・ホリデー査証は、あくまでも長期休暇中に国際的視野を広めることを目的とするもので、ワーキング(就労)査証や観光査証ではありません。

香港の「ワーキング・ホリデー」査証発給要件

  1. ワーキング・ホリデー査証の申請時、日本に居住し、日本国籍且有効な日本国旅券を有すること
    (海外在住の場合の申請はできない)
  2. ワーキング・ホリデー査証の申請時の年齢は、満18歳以上満30歳以下であること(渡航時は31歳可)
  3. 香港滞在中の主たる目的は、休暇を過ごすことを意図とすること
  4. 香港での滞在期間中において必要十分な量の資金の証明を提供することが可能であること。(例:銀行の明細書、通帳口座など)
  5. 日本に帰国する際の航空券・旅行切符又は切符を購入するための十分な資金を所持していること
  6. 以前にワーキング・ホリデー査証の発給を受けていないこと
  7. 香港における滞在中に死亡し、負傷し又は疾病に罹患した場合における十分な保険に加入していること

問い合わせ

香港ビザ申請の詳細についてはHKSAR入国管理局にご連絡下さい。
電話 (852)2824-6111
FAX (852)2877-7711
E-MAIL enquiry@immi.gov.hk

 

 

注意:ここに記載のある情報は法改正等により予告なく変更することもあります。ご了承ください。

 

 

ページトップへ戻る